軽井沢ニュース・観光・イベント・生活情報|軽井沢ニュース舎

軽井沢ハーフマラソン2013 今年も2/1からエントリーを開始!

「軽井沢ハーフマラソン2013」のエントリーが、2013年2月1日(日)から開始される。
先着順、定員になり次第締め切りとのことなので、お早めに。
■申込開始:2013年2月1日(金)10:00AM(振替・インターネット)
■申込締切:先着順、定員になり次第締め切り。
 >> 振替:3月22日(金)※当日消印有効
 >> インターネット:3月29日(金)
■定員:ハーフマラソン 5,500人/ファミリーぺア 250組500人
■参加料:ハーフマラソン 5,000円/ハーフマラソン・チャリティー付き 5,500円/ファミリーペア 3,000円/ファミリーペア・チャリティー付き 3,500円
 ※お申し込み時には別途手数料がかかります。
 ※お申し込み後の参加料の返金は致しません。
★詳しくは、軽井沢ハーフマラソン2013公式サイトの「エントリー」へ
http://www.shinmai.co.jp/karuizawa-hm/

posted by nob / 2013.01.24

ハローアニマル 新春お楽しみDay!

ハローアニマル新春2013
『ハローアニマル 新春お楽しみDay!』
●日時:2013年1月6日(日)開場 9:30 ~ 終了予定16:00
●会場:ハローアニマル(長野県動物愛護センター)
●内容:
▼動物とのふれあい教室 犬=10時~、13時半~
 ウサギ・モルモット=11時40分~、14時~、15時半~
▼小諸図書館ボランティアによる犬と一緒に聞くお話し会
 11時~、12時半~
▼ハローアニマルダンシングチーム実演 正午~
▼その他 
●料金:入場無料
●問い合わせ:同センター TEL.0267-24-5071

posted by nob / 2013.01.02

第2回サンスポ軽井沢リゾートマラソン・出場もボラ参加もまだ間に合います!

第2回サンスポ軽井沢リゾートマラソンが、来る2011年10月23日(日)に開催されます。
今大会のゲストは、雑誌「CanCam」の専属モデルとしてデビュー以来、数々のファッション誌にて活躍。2000年にはホノルルマラソンに初参加。その後10年連続出場し、自己ベストは3時間15分36秒。他に東京国際女子マラソンなど、多くの大会に出場。今年5月にはハワイで行われた「ホノルルトライアスロン」に初挑戦し、2時間54分でゴールした、長谷川里恵さんです。
前日イベントも、ウォーキングなどのほか、ギャル曽根さんが来軽しての大食い大会なども開催。
詳しくは、公式WEBサイト
または、軽井沢観光協会WEBサイトをご覧ください。

posted by nob / 2011.09.13

「風のガーデン浅間ヶ丘」オープン!

株式会社日本リゾートシステムは、軽井沢町発地・湯河原地域に5,800平米の花と緑に囲まれた「風のガーデン浅間ヶ丘」をオープンした。軽井沢の名所を増やしたい、発地・湯河原地域の発展に貢献したいとの考えで、庭園からの浅間山とその景色は他に類を見ない絶景の場所と、庭園に対する自信をうかがわせる。
写真は、平成23年8月22日(月)午後、完成披露のようす。



■詳しくは:
株式会社日本リゾートシステム
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢491-5
TEL. 0267-41-2288


posted by nob / 2011.08.22

東日本大震災復興支援チャリティ「軽井沢ハーフマラソン2011」結果速報!

軽井沢ハーフマラソン公式Twitter発表によると「本日の大会結果(速報)。男子は千曲市の利根川裕雄さんが、1時間9分48秒で大会2連覇を達成。女子は群馬県の佐俣久美子さんが、1時間24分15秒でこちらも2連覇を達成されました!」とのこと。
前年に引き続き雨の中での大会となったが、各参加者は「思いがけずゲストのQちゃん(高橋尚子元マラソン選手)とゴール付近でハイタッチできて嬉しかった。」「中間地点で子供たちが出してくれたイチゴが美味しかった。マラソンしながらのイチゴは初めて。」などと口々に語っていた。
コメントなどをもっと見たい方は軽井沢ハーフマラソン公式Twitter

posted by nob / 2011.05.22

軽井沢カーリングクラブを設立し、ホームページを公開。

13日、カーリング選手や愛好者を増やして軽井沢町の活性化につなげることを目的に、「軽井沢カーリング活性化プロジェクト推進委員会」が発足する。「カーリングの聖地・軽井沢」をスローガンに、スカップ軽井沢をホームに活動を開始。また、風越公園には2013年に国際的にも有数の通年型カーリング施設が新設予定で、今後は競技環境もますます充実する。
こうした背景から、プロジェクトの一環として昨年12月に「軽井沢カーリングクラブ」を設立。会員は本年2月の日本選手権で初優勝した中部電力の女子選手などのトップ級から、初心者・愛好者まで約100人。軽井沢カーリングクラブでは「選手が愛好者を指導し、愛好者が選手を応援するような関係にしてゆきたい」としている。
更に詳しくは、軽井沢カーリングクラブのホームページ: http://www.karuizawa-curlingclub.jp/ を参照。

posted by nob / 2011.03.12

次の記事 | 前の記事
このページのトップへ
トップページバックナンバー定期購読広告掲載団体概要初めての方お問い合わせサイトマップ