軽井沢ニュース・観光・イベント・生活情報|軽井沢ニュース舎

山口路子「サガンという生き方」出版記念トークイベント

フランソワーズ・サガン

「サガンという生き方」出版記念
山口路子文学カフェ「いま、なぜサガン?」

悲しみよこんにちは・ある微笑・ブラームスはお好き・優しい関係
心の青あざ・夏に抱かれて・愛は遠い明日・愛と同じくらい孤独 etc
20世紀文学の金字塔…フランソワーズ・サガンがいま注目されています。そこには熱い実存と、破滅をうけいれる女のエレガンスが生きているから。
一日だけの文学カフェは、ヴォーリーズの設計による軽井沢タリアセンの塩沢湖畔にたたずむ旧朝吹登水子山荘・睡鳩荘で開かれます。
朝吹登水子はサガンをこよなく愛し、そのほとんどを翻訳し、蠱惑的な文体によって多くのサガン・ファンをこの国に生み出しました。

睡鳩荘山口路子
作家山口路子は近刊「ココ・シャネルという生き方」が第十刷を超えて売れ続け大きな反響を呼んでいます。生き方シリーズの最新作として刊行されたのが「サガンという生き方」です。軽井沢に住み著作する彼女がサガンのキーワードで朝吹登水子の愛した山荘で開く文学カフェにご期待ください。


Contents

第一部「悲しみよ こんにちは」から「愛という名の孤独」まで。
 山口路子のトーク  ヴァイオリン演奏・杉原桐子
第二部ティー・パーティー
 サガンの好きだった紅茶とフィナンシェ、そしてコーヒー、歓談

■日時:11月20日(土) 13:30~16:00
■場所:軽井沢タリアセン内 睡鳩荘
■会費:著者サイン付「サガンという生き方」(新人物文庫)を含んで¥2,500
■協力:軽井沢高原文庫、本のまち・軽井沢、新人物往来社

 参加希望者は電話でお申込み下さい。 090-1866-7912(担当:高橋)まで。


posted by nob / 2010.11.12

軽井沢ラヴソング・アウォード2011町民代表審査員募集!

ご参加いただける方
・ 町内および近郊にお住まいの方で、応募者および応募者の関係者でない方
* 応募多数の場合は抽選となります

期 日:2010年11月27日(土)13:00集合(13:30開始)
場 所:音楽ロッヂゆうげん荘・ホールしなの(軽井沢町大字長倉大日向5780・TEL0267-45-6074)
申 込:事前申込が必要です。11月10日(水)までに名前、年齢、住所、TEL、FAXをご記入の上、
メールかファックスでお申し込みください。追ってご案内をお送りします。
特 典:ご参加いただいた方には、来年2月に開催されるグランプリコンサートチケットをお一人一枚
プレゼントいたします。
申 込:軽井沢ラヴソング・アウォード事務局
Mail:contact@karuizawa-lovesong.info/
FAX:0267-44-6681

参加申込書はこちらからダウンロードしてご利用いただけます。

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をお持ちでない方は、
下記よりダウンロード(無料)&インストールしてご利用ください。
Adobe Readerのダウンロード

posted by nob / 2010.11.06

軽井沢プリンスホテル スキー場OPEN!

神主さん、初滑り!軽井沢プリンススキー場開きテープカット軽井沢町内の「軽井沢プリンスホテル スキー場」が10/29(金)OPEN!
長野県内で最も早いOPENでは、神主さんの初滑降に続いて、アルクマなどのキャラクターたちもいい調子で滑りを楽しんでいた。

10/29(金)より、「プリンスゲレンデ(400m)」「くりの木コース(380m)」の2コースが営業中だが、「初滑り期間(10/29~12/17)は、ゲレンデ幅が狭いため、ご滑走にはご注意ください。」とのこと。

初心者滑走エリアは12月中旬オープン予定なので、お子様連れなどは12月中旬からの方がよさそうだ。
なお、「今シーズンは未就学児の入場リフト券が無料となります。」とのこと。ただし、「未就学児のみではリフトにご乗車できません。必ず保護者同伴でご乗車ください。」なので、安全に気を配って楽しいひと時を過ごしていただきたい。

posted by nob / 2010.10.30

軽井沢ラブソング・アウォード2011 第一次審査始まる。

昨日、2010年10月27日(水)より29日(金)まで、3日間の日程で、
軽井沢ラブソング・アウォード2011(HPは→こちら)」の第一次審査が始まった。
2011年のテーマは「バラードはいらない(愛・Emotion)」とのことで、同実行委員会及び軽井沢在住音楽専門家、プロデューサーグループにより第一次審査が行われる。応募総数は約200曲。北は北海道から九州・沖縄までの老若男女からの応募があったとのこと。最高齢は80歳前後の方から、最年少は高校生のバンドまで様々だ。なお、本年度の募集から始まった「学割」適用の応募数はまだまだ少なかったとのことなので、今後の「学割でエントリー」の浸透に期待したい。
第一次審査で選ばれた曲は、11月下旬予定の第二次審査(軽井沢町民代表審査員ならびに実行委員会の指名選考委員による採点方式)を経て絞られ、全12曲が2011年2月13日(日)軽井沢大賀ホールにて開催されるグランプリにてコンサート形式で披露される。
なお、グランプリ優勝賞金は100万円。大手音楽プロデューサーなどによって構成された審査員によって決定される。今からワクワク!今回はどんなミュージシャンたちが出演するのか楽しみだ。

posted by nob / 2010.10.28

新井英一ライブin信州

”私にとって 唄う事は生きる事 いくつもの物語を 人生にかさねて 魂を唄う事。
 それをあなたにぜひ 聞いてもらいたい。英一”

出 演:新井英一
ギター:高橋 望
篠 笛:村山二朗
アコーディオン:田ノ岡三郎

■日 時:2010/10/17(日)午後2時開場/午後3時14分開演
■場 所:エコールみよた あつもりホール
■チケット:前売3,500円、当日4,000円(全席自由)
■取 扱:エコールみよた 浅間縄文ミュージアム Tel.0267-32-8922

●主 催:新井英一の還暦を祝う仲間たち、浅間縄文ミュージアム(チケットで博物館も見学出来ます)
●後 援:お茶ぐら ゆいまある、神宮寺、フォーラム遊、長谷寺、杏の里、板画館、とんちゃん家、おうがにっくかふぇ、CoCoCala、ギャラリー洋々の森、ペンション森のふぁみりぃ、小諸ユースホステル、ベストフレンド、アトリエ キャットミント
●協 力:新井英一事務所

posted by nob / 2010.10.15

森林に佇む【癒しの場】ならではのオリジナル企画ツアーのご案内☆

まだ考え続けますか?まだ疲れ続けますか?

考えなくて良い空間と時間

〜プライベートリゾート軽井沢〜

★宿の雰囲気
自然一杯な南軽井沢に位置するレイクニュータウン。
その高台にある山の中の一軒家。
周囲は大自然の緑に囲まれ、ある意味”何も無い”稀有な場所。
テレビやラジオといった普段何気なく接している電磁波や、車や電車の騒音、そして人工的なビル郡からかけ離れ、大自然が持つパワーを存分に味わえる、癒しの贅沢空間です。

★周囲環境
夏の繁忙期を終え、豊かな静けさを増した別荘地帯のレイクニュータウン。
紅葉の季節、お天気が良いときは遠くに浅間山を望めます。
タウン内の道路は、木々に覆われ、マイナスイオンを目一杯浴びることが出来、自然のパワーを満喫できます。

天気の良い日のお散歩は本当に気持ちがいい!
東京タワーより標高の高い場所に位置する場所から、さらに上へ登り、景色が開けたときの感動をぜひどうぞ。
日によって朝日や夕空、夜空、そして月光など、空のパノラマが作り出す自然美に圧巻します。

こちらのHPをぜひ、ご覧ください。
http://www.eventkaruizawa.blogspot.com/

posted by suu / 2010.09.26

次の記事 | 前の記事
このページのトップへ
トップページバックナンバー定期購読広告掲載団体概要初めての方お問い合わせサイトマップ